Evening Cheese Club


伏見のワインショップ カーヴ・ミツクラさんには、フリースペースがあり、講座に使わせてもらっています。

素敵なワインに出会えます。

ワインのお好きな方には、きっと気に入っていただけるでしょう。

場所はこちら>>


講座の様子

2018/2/24 「やっぱり大好きヨーロッパのチーズ」を開催しました。

まずは、ご参加くださった皆様ありがとうございました。

半年ぶりの講座で皆さんにお会いできてとても嬉しかったです。

 

♥♥素敵なチーズたち♥♥

クール ド ティエラッシュ フェルミエ/フランス

ハート形のウォッシュチーズ。中にはエストラゴン(タラゴン)が入っています。個性的な香りがそれほど強くなく、ウォッシュチーズ初心者でも抵抗があまりなさそうでした。溶かしてみて、皆さんの反応は非常に良かったです。

 

 ブリ ド ムラン(AOP/フランス

長い間講座を行ってきたのに、このアイテムを初めて使用しました。ブリ・ド・モー、クロミエと共に「ブリ3兄弟」と呼ばれるうちのひとつです。見かけから野性味たっぷりですが、皮の味もピリッと感じます。これが白カビチーズなの??と、皆さんも驚いていました。生地はしっかりとしたナッツの味わいでした。

 

 ムール ド ジュラ&ボーフォール エテ(AOP)/フランス

どちらもフランスの山のチーズで、ムールドジュラはジュラ地方、ボーフォールはサヴォワ地方のものです。味わい深いこの2種に、皆さんも頷きながら「美味しい!」とのお声が・・・熟成期間はどちらも6ヶ月。今回、この2種は「beillevaire(ベイユヴェール)麻布十番店」さんの商品です。

パリで何店舗もあるbeillevaire(ベイユヴェール)。麻布十番店さんのチーズたちは社長のパスカル・ベイユヴェール氏に特別に選んでいただいたものとのことです。

 

ブリナータ/イタリア

トスカーナ地方の白カビの羊乳チーズ。マイルドで若干塩気が足りないと思われるかもしれません。しかし、ミルク感は十分。

Nuiさんのジャムと合わせて召し上がっていただきました。

 

  ケソ デ バルデオン/スペイン

楓の葉っぱに包まれ、カビもしっかり入っています。味は塩味がそれほど強くもなく、牛乳+山羊乳のため程よい酸味があります。伊予柑+チョコチップ入りのパンと合わせて召し上がっていただきました。

 

ケイジョ・テリンショ・ヴェーリョ/ポルトガル(DOP

最近ちょくちょく見かけるポルトガルチーズ。スペイン同様羊乳チーズが多いとのこと。このチーズに関わらず独特の風味を持っているなぁ・・・と感じます。周りのオレンジ色はパプリカによるもの。話題にはいいかもしれませんね。

 

 

 

♥♥♥気になるワイン♥♥♥

ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・レ・クル・エメ2015

「ロマネ・コンティの共同経営者が手掛けたワインなんだよ」と教えていただいたとき、そのフレーズで「美味しそう!!」と素直に思いました。樽の香りがあまりしないシャルドネ。チーズを選ばない懐の深さがいいですね。

 

 

スティエール ド ニーム ロゼ キュヴェ トラディション2016

サンソー、グルナッシュ、シラー

おすすめのロゼとのことで、いただきました。パッと思いついたのが「いちご」。色が春らしくて華やぎます。個人的にブリナータとの相性が好きでした。

 

ル・クル2014

これもロマネ・コンティの共同経営者だとか。エチケットのセンスがとにかく素敵です。ピノ・ノワール100%。どーんとくる重たさはなく、気軽な感じで、香りもよいです。

 

今回お出ししたチーズはそれぞれ特徴はあるものの、熟成が長くて味が濃いというチーズは少なかったためマリアージュもいろいろ楽しめたかもしれません(#^.^#)

Merci!

 



会費

通常 4,800円(テーマによっては、通常の価格と異なる場合があります。)

※※チーズモア主催のチーズ講座(Evening Cheese ClubまたはAfternoon Cheese Club)に初めてご参加される方は、

お申し込み後、前払いにてお支払いただきます。

着金が確認でき次第、本申込みとさせていただきます。

 

 

◆◆キャンセルについて◆◆

講座の1週間前以降のキャンセルについては会費を申し受けます。