Evening Cheese Club


伏見のワインショップ カーヴ・ミツクラさんには、フリースペースがあり、講座に使わせてもらっています。

素敵なワインに出会えます。

ワインのお好きな方には、きっと気に入っていただけるでしょう。

場所はこちら>>


講座の様子

2019/1/26 「チーズではじめる2019」を開催しました。

まずは、ご参加くださった皆様、寒い中お越しいただき誠にありがとうございました。今年も美味しく始まりました。

 

♥♥素敵なチーズたち♥♥

 

アボンダンス アルパージュAOP

オートサヴォワのハードチーズ。ボーフォールと比べると知名度はイマイチかもしれませんが、6ヶ月熟成のしっかりした旨みは山のチーズならではでしょう。

 

ルブロションAOP

サヴォワ地方の郷土料理といえば「タルティフレット」。その料理に使われるルブロションはそのまま食べても良いけれど、溶かすと更に風味が増します。講座ではそのままのものとパン・コンプレの上に溶かしたものを召し上がっていただきました。

パールシィ デュ シェーブル

山羊乳のブルーチーズ。青カビはシャープだけれどマイルドな塩味です。生地はミルク感があり非常に食べやすいチーズ。先回、青カビチーズに苦戦していた方も、今回は大丈夫だったようでした。

プティ バスク【極上熟成】

名前のとおりバスク地方の羊乳チーズ。食べ方もいろいろありそうですが、今回ジロールを皆様に体験していただきました。きれいな花びらにみんなの笑顔が見られました。

スーマントラン アフィネヒサダ

 

 

 

 

ブルゴーニュのウォッシュチーズで「エポワス」と違って塩水で洗うのが特徴です。そのため「エポワス」ほど強くないのですが、今回お出ししたのは40日熟成でマール酒で洗ってあるとのこと。ヴィエノワズリーと共に召し上がっていただきました。

 

 

♥♥♥気になるワイン♥♥♥

クラレンドル 2015

オー・ブリオンの血統を引く爽やかな白ワイン。強くないチーズには合わせやすいと思いました。

レミ・スガン ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2016

果実味と酸味のバランスが良いです。

 

ドナ・リサ・サリチェ・サレンティーノ・リゼルヴァ2011

イタリア プーリア州の赤ワイン。最初にドンっとくるもののスパイシーで余韻が長く美味しいです。個人的に、羊乳チーズ「プティ バスク」との相性は非常に良いと思いました。チーズの美味しさがより引き立ちました。

 

 

 



会費

通常 4,800円(テーマによっては、通常の価格と異なる場合があります。)

※※チーズモア主催のチーズ講座(Evening Cheese ClubまたはAfternoon Cheese Club)に初めてご参加される方は、

お申し込み後、前払いにてお支払いただきます。

着金が確認でき次第、本申込みとさせていただきます。

 

 

◆◆キャンセルについて◆◆

講座の1週間前以降のキャンセルについては会費を申し受けます。