blog


Solo-Cheese

カマンベールとりんご

おひとりさまチーズ

フランスのチーズショップの画像を見て、ちゃちゃっと作ってみました。

スーパーで売っているカマンベールに、少し煮たリンゴでデコレーション。ケーキみたい・・・いつものチーズはコーヒー・紅茶に合う一品になりました。

見た目華やか!なんですが、やはりひとりで食べるにはちょっと大きいかも。

 

 

チーズ講座のご案内

チーズ講座のご案内

2/24(土)18:00~20:00

伏見にあるcave Mitsukuraさんにて、チーズ講座を開催いたします。

お問い合わせはCheesemore HPまたはメールにてお願いいたします。

約半年ぶりの開催でございます。

ちょっとワクワクします。

2018

新年おめでとう!

新年明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

Christmas

Christmas pudding
Christmas pudding

Merry Christmas!!

気がつけば、今年は残り少ないのでした...

そして、大いにblogもサボっていました。すみません。

さぁ、クリスマス、クリスマス・・・

プディングを蒸して、食べ頃を待っているところです(#^.^#)

Swiss cheese

寒くなってくると、スイスチーズが食べたいなぁ・・・

って、思いませんか?特にアッペンツェラーはそのひとつ。

この焼物、陶器のような外皮をもつ、アッペンツェラーは9ヶ月以上熟成のもので「紫ラベル」だそうです。

銀ラベル・金ラベル・黒ラベルに続く熟成の長いもの。

味は濃い!! 

3ミリにカットしたけれど、わたしはもっと薄くても十分楽しめるなぁ・・・

講座で金または黒ラベルをお出ししたことがあるのですが、

この匂い強烈!!

と言うわりには「美味しい!!」という言葉に代わってしまう素敵なチーズ。この紫ラベルは香りはそこまで強烈ではなかったです(#^.^#)

そして、白いソフトチーズは「トム フルレット」という名前です。

なんか、薄い・・・・

と、思いきや、食べるとお口いっぱいに複雑な香りが広がります。無殺菌乳の力なんでしょうか。軽いのにクリーミーです。

包装紙の牛も愛嬌があっていいです。このイラストはかなり気に入りました♪

 


chèvre, chèvre et brebis

chèvre, chèvre et brebis

ヤギ、ヤギ、ひつじ

と、フランスチーズを並べてみました。

左から、

●ペルシエ ド サンモーリス 農家製(山羊乳)

●コーン ドゥ ポルト オゥブレー プティモデルー(山羊乳)

●ピッコラ ド ブルビ(羊乳)

という名前のチーズたちです(#^.^#) スペルはどんなでしょう?!

初めて食べたチーズたちです(もしかして、忘れているだけで食べたことあるかも・・・)。真ん中(三角のような形)の”コーン ドゥ ポルト オゥブレー....”は食感が珍しい。山羊乳チーズを食べるとほろっとした感じがするのに、このチーズは歯形がしっかりつきます。面白いので、またひとくち…と続きます。コクがあってとても美味しいです。もう一方の山羊乳チーズ”ペルシエ ド サンモーリス”は、酸味がすーっと鼻に抜けていく感じで爽やかです。あ~こっちも美味しい(#^.^#)。大満足でした。

”ピッコラ ド ブルビ”は?

山羊乳が好きなので、羊乳の脂肪分がどうしても気になります。ちょっとまとわりつくような・・・しかし、しつこい感じではなく、クセもないのでお好きな方は多いかもしれません。まだあるので、今度はジャムをつけて食べてみます。