blog


cœur

cœur

"cœur(クール)"は「♥(ハート)」

ハート形のチーズはバレンタインデーにぴったり。確かにそのとおりだけれど、この形は一目をひくと思う。

数ある陳列されたチーズの中でも、たとえショーケースの一番端っこにあっても、何故か目立つ・・・

それにつられて買ってしまいました。

山羊乳ハート形チーズ「クール」。サンセール ロゼと共に食べましたが、

STOOOOOOP!!!!!!

と、止められない限り、延々と食べ続けそうな勢いでした。

塩味が少なく、山羊乳のミルク感を十分に楽しめました。ごちそうさま。

 

岩倉市生涯学習センターのチーズ講座2

岩倉市生涯学習センターのチーズ講座2

2/15の第2回目のチーズ講座「おいしく食べよう!チーズにひと手間・ひと工夫」のチーズラインナップは画像の後方から、

●マルツォリーノ(+いちごジャム)

●モンテ ヴェロネーゼ

●ゴルゴンゾーラ ドルチェ(+チョコレート)

●ブルー ド ジェックス(+ふかし芋)

●パルミジャーノ レッジャーノ

イタリア産4種とフランス産1種に加え、スーパーでお手軽に購入できるカッテージチーズ(+ツナ缶)やマスカルポーネ(+いぶりがっこ)など。

因みに(+・・・)は「ひと手間・ひと工夫」です。

カッテージチーズやマスカルポーネのアレンジはチーズ講座を始めた数年前からのお気に入り。何回リピートしていることか・・・。

さて、アレンジは別としてチーズの人気投票を行ったところ、上位は「ゴルゴンゾーラ」と「パルミジャーノ レッジャーノ」。やはり市場に出回っているからか、知名度と共に味も人気でした。私のこの中でのイチオシは「ブルー ド ジェックス」でしたが、これも微妙な位置についていました。人の好みっておもしろいです。

フォンデュのワイン

カーサ・モレナ

チーズフォンデュのときに使うワインは?

と、思うことがあるかもしれません。

前回のチーズ講座で、「チーズフォンデュが美味しい」と好評をいただき、有頂天になっていた私。

それはチーズが美味しいから・・・と、思いつつも、

使用したワインも美味しいからでは・・・と少し思っていたところでした。普通に飲んでも美味しく、気軽に毎日飲めそうなワインだったのです。

 

なので、ちょっと食通なフランスの方に質問してみました。

ずばり、チーズフォンデュに使うワインは重要だそうです。出来れば、使っているチーズと同郷が最高だけど、近いところで造られているワインでもOKとのこと。

なるほど・・

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、ボトルの半量も使わないため、これまであまり気にしていませんでした。

今回使用したのはスペインのワインですが、飲んでも美味しいワインを使うということが、そもそも大前提ということは間違いないです。勉強になりました。

岩倉市生涯学習センターのチーズ講座

岩倉市生涯学習センターのチーズ講座

岩倉市生涯学習センターでのチーズ講座(全3回)が始まりました。

2018年の秋に開講させていただいたときと同じメインタイトル「珈琲・紅茶で楽しむチーズの世界」です。

ご参加くださった方の中にリピーターさんもいらっしゃいました。

「今回も抽選に当たって参加することができました!!どうぞよろしくお願いします。」と、笑顔で入室されたので、ますますモチベーションUP。嬉しい限りです。

初心者でも食べやすいチーズを選びましたが、お気に入りのチーズや飲み物とのマリアージュが見つかったかしら・・・

第2回目も頑張ります。

Merry Christmas

Merry Christmas

近年の我が家のクリスマスは、クリームたっぷりのケーキではなく、見かけがとても地味なプディングです。日持ちがするので何日も楽しめます。

Dried persimmon

Dried persimmon

ヘタが大きいんじゃない?!

と、感じないわけでもないけれど、やはり自家製はいい。

手作りの良い点は、好きな固さを選べるところ。

農家のお兄さんは、「2週間ぐらいが柔らかくて美味しい」と教えてくれましたが、私は

最低でも3週間以上は軒下につるしてから食べます。

今年の柿は大き目だったので、4週間以上干しました。

チーズに合うこと、間違いなしです。